2013年10月10日(木)‐10月15日(火)

中西 紗和個展 in-U-

 

前回の個展と日々の制作によって、ロストワックス法によるブロンズ彫刻とは「墓」なのではないだろうかというひとつの仮定がうまれました。現在は、喪失のあとに立つものとして、または記憶の喚起のためのスイッチとしてブロンズを捉えています。
今回の展示ではそれらを踏まえて自身の展開を試みます。(中西 紗和)

 

 

 

 

 

2013年 個展 -Infuse- 作品
2013年 個展 -Infuse- 作品
中西紗和 Nakanishi Sawa

1985年 東京生まれ

2011年 東京芸術大学大学院彫刻研究領域修了 
            現在、東京芸術大学大学院彫刻研究領域博士課程在籍
 
個展
2012年5月 中西 紗和展「Infuse」 零∞
 
グループ展
2012年 イモノの景色 東京芸術大学陳列館
        三越×藝大 三越日本橋本店
2011年 東京 Gallery-G
2010年 Lecturer Exhibition GALLERIA PUNT
2009年 丸の内×芸大 丸ビル   
        時空の街 街の音 TEPCO浅草 
2008年  卒業制作選抜展 東海ステーションギャラリー
            パブリックコレクション

2009年 「東京」 横浜金沢動物園

  
受賞
2010年 修了制作 「into」 東京芸術大学買上賞
2008年 卒業制作 「東京」 三菱地所賞
参加プロジェクト
2009年 越後妻有トリエンナーレ
----------------------------------------------------------------------------
sawa nakanishi Exhibition  - infuse -
2013年5月23日‐6月1日
私は、ロストワックスという技法を用いブロンズ鋳造で作品をつくっています。創造とは日常のもっともプライベートなグレイゾーンから生まれます。今回の展示では、制作手法を注意深く振り返り、取り扱う素材を使いインスタレーションを行います。
(中西 紗和)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

中西 紗和さんの制作で特徴的なのは、作品制作を日常的な行為の一部として取り入れているところ。

生活の中の様々な場面(食事中・入浴中・家族や友人との会話中、学校へ通う移動中など)で、ポケットや身体に入れて温めたロウを取り出し手びねりをしている。(口の中でもロウを温めることもあるそうだ) さらに特徴的なのはその制作方法。ロウを手びねりするとき、手元を見ない。自分の中に湧いた感覚に神経を研ぎ澄ませ、感覚にしたがって無意識に形を作りだしている。
今回の展示は、普段の制作環境や制作工程をギャラリー空間で再現し、その制作過程で自分の中に湧いてくる感覚を丁寧に工作し、その感覚をも具現化する試みとなった。(零∞)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(展示風景)

ロウで作られているのはバスタブとちゃぶ台。(上写真)ここ最近の制作場所はバスタブの中、その前段階ではテーブルだったそうだ。
本展では、制作現場の再現を行った。制作の主となっているロストワックス技法の原型となるロウで作った作品が浴室のふちに

並べられ、作品には日付タグが付けられた。数か月に渡る一連の制作が日記のように並べられた作品。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2013年始めに制作場所として使っていたちゃぶ台、当時制作した作品。こちらの作品にもすべての作品ケースに日付が付けられている。中央の布カレンダーは祖母、ちゃぶ台は曽祖母の物。どちらも大切に保管をされていた物だそうだ。自分が生れる前に存在していた大切な物、自分が生み出した物の展示。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回のインスタレーションのキーワードは、「流れる」「喪失する」「キャッチする」「記憶」「記録」。

またこれらが流れを作るために存在する「入口」「出口」である。

制作過程で働いている自分自身の頭脳に注目した中西さん。頭の中に集積された記録、記憶、それらを必要に応じて引き出し、戻し、統合するという工程を具現化した各作品が空間のいたるところに設置されていた。(零∞ )

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------