2014年2月6日‐2月11日   
12:00-19:00(日曜日18:00/最終日17:00迄)

 

鈴木 弦人、影山龍之介

「燈籠」

現実であって夢うつつな空間「浄土」をテーマに写真、音楽、彫刻を組み合わせた展示を試みます。

 

                   鈴木弦人                
                   1992年 神奈川生まれ             

                   2004年 私立郁分館中学校入学
                   2010年 同高等学校卒業
                   2011年 東京芸術大学美術学部彫刻科入学   
                   2014年 現在学中

                  影山龍之介
                  1991年 東京生まれ

 

                  2004年 私立郁分館中学校入学
                  2010年 同高等学校卒業
                  2010年 東京工芸大学芸術学部写真学科入学
                  2014年 現在学中

展示風景

立体(鉄彫刻・石膏)作品:鈴木 弦人

映像・音楽:影山 龍之介

人がリラックスできる空間を「極楽浄土」とし「浄土」をテーマとした展覧会。

映像、音、立体(鉄・石膏彫刻)によって2人で1つの空間を作りだしたインスタレーション展となりました。(零∞コメント)